ウッチャンナンチャンのウッチャンファンが、主にウッチャンが出演した番組の書き起こしや感想などを書います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

5月23日放送 「世界の果てまでイッテQ!」

久々にスタジオに来たボビー
皆既日食以来、約1年振りだという。
内村「何してました?この1年」
ボビー「子作りとか」
ベッキー「子育てでしょ!」

そんなに出てませんでしたっけ??
でもやっぱボビー(親子)は面白いな。今回も。

Q:珍獣ハンターイモトワールドツアー in アメリカ・カリフォルニア

恒例の『イモトを探せ』では、木に隠れて通行人を驚かすストリートパフォーマンスに扮して身を隠していた。
実際にストリートパフォーマンスをしている人に聞いてみると、
なんと1日4万円も稼いでいるという。
年間で800万円とのこと。

ってゆーか、週休3日じゃないっすか!!

アメリカ人はイタズラ好きということでもめることもないという。

いい商売だな~

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

まずは 珍獣 を求め、モントレー湾へ。

そこには敷き詰められたアシカが。
アシカ「ウホッウホッ」
アシカって鳴き声「ウホッウホッ」なんですね。

続いて、ラッコ

貝を割るための石は、どこから持ってくるか知ってますか?
実は、お気に入りの石を脇の下に入れてるんだそうです。

ラッコは全てがかわいかった。
空気を入れるための毛繕いの仕草や友達に捕まって寝る姿など。

すると突然、
イモト「ラッコで謎かけをやります!」
スタッフ「なんで?」
イモト「今ブームなんで」

イモト「ラッコとかけまして カツオと解く その心はどちらもたたきがうまい。イモっちです!」

何気にイイ出来。

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

続いては、 カリフォルニアのパワースポット『モーニングケルプ』

神秘の音色が聞けるという。

深さ125mの洞窟に入るイモトだが、実は高所恐怖症。
イモト「I can do it!」
とヘルメットおじさんの名言を自分に言い聞かせる。

なんとか目的の岩に辿り着き、その音を聞いてみる。

イモト「…コレ?」
スタッフ「らしいね」
イモト「本当に?」
スタッフ「知らねえよ」


水滴が長い年月を掛けて鍾乳洞に穴を開け作りだしたその音。

実際に聞いてみると、地味だった。
ここを見つけたのは、石崎ディレクター。
キリマンジャロ登頂のときの泣いてる写真を毎回流されてしまう石崎ディレクター。
それが毎回ウケる。

イモト「視聴者の人も『えっ?』て思ってんじゃないの?」
石崎「カリフォルニアの人は『ワォ!ビューティフォー!』なんじゃないの?」


石崎さん、パワースポットをバカにしすぎです。(笑)

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

続いては、ハリウッド映画でも登場する アニマルスター軍団

本物の猛獣に演技をさせるという。
しかし今の時代、全てCGだと思ってしまう視聴者の感覚があるので残念…。

。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

続いて、アクションを専門とする 撮影スタジオ を訪れる。
ジャッキー・チェンやクリス・タッカーも来たというそのスタジオ。
ってことは『ラッシュアワー』ですね。

ここでイモトは『チャーリーズエンジェル』を真似て『イモリーズエンジェル』の撮影をする。

セリフも真似るが、日本語訳だとダサい。
さらにワイヤー見えてたし。

最後のダンスシーンを見て、
内村「ちょい違う」

スタジオに戻り、
内村「あいつ1年で人の10年分生きてるな」

ホントいろんな経験してるよな。
羨ましいか羨ましくないで言ったら、羨ましくないけど。

Q:綿菓子はどこまで大きく作れるの? in タイ

この企画にはボビー親子が挑戦。
久々に登場の子供たち。
娘の頭スゲーことになってんな。
息子は今時、近鉄の帽子だし。

最初に取り掛かったのは 砂糖作り

想像以上に過酷だった砂糖作り。
ロケと子供の教育、さらに小ボケと大忙しの近田ボビーさん

続いて巨大な 綿菓子機を作る

綿菓子機が完成し、とりあえず、綿菓子を作ってみることに。

すると、
ボビー「綿菓子じゃなくて、カラメルじゃねぇか」
カラメルも知ってんのか!ボビー。

そしてまた装置を作り直し、 本番 を迎える。

翌日、世界一への挑戦ということで多くの観衆が集まる。

準備中、ボビーが燃えるハプニングも発生する。
子供たち爆笑!

いよいよ綿菓子作りを開始させるが、
いきなり、モーター代りの自転車が故障。

グダグダな状況に、集まった客も帰ってしまう。

装置を改良して 翌日…

装置から出てくる高熱の綿をすくうボビー。
ボビー「あちぃ!あっちゃあ!」

子供のために頑張る父親。
最後は感動的な映像だが、なんだか笑える。
なぜならVTRを見ているウッチャンの笑い声が聞こえるから。

必死の形相で装置の周りで綿をすくおうとするボビー。
息子「もう出てないよ」
と、感動のシーンをぶち壊す息子。

理想はモコモコ状態の綿菓子だが、
結果は、クモの巣状態

しかし子供たちはそれを「おいしい」と言って食べてました。

スタジオに戻り、
内村「親子愛は感じましたよ」
ボビー「笑ってたじゃん」
内村「ジョイ君とローズちゃんが純と蛍に見えましたよ」


内村「リベンジしたいね」
ボビー「ちょっと不安です」


てゆーか、日本ででんじろう先生あたりに見てもらえば出来そうですよね。
世界の果てじゃなくなっちゃうけど。

関連記事

テーマ : ウッチャンナンチャン
ジャンル : お笑い

2010-05-24 : 世界の果てまでイッテQ! : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

投票アンケート!



人気商品


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

Monthly Archives

人気記事ランキング

プロフィール

どじどじお

Author:どじどじお
ウンナンのウンのファンです。
ブログ開始から3年超…適当に更新中です。一応ね。

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

リンク元

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。