ウッチャンナンチャンのウッチャンファンが、主にウッチャンが出演した番組の書き起こしや感想などを書います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

9月12日放送 「世界の果てまでイッテQ!」【インド達人列伝】【巨大こんにゃく】

イモトがモンブランを登ってから1週間が経ち、
宮川「今回コンニャクでトランポリン?」
内村「イッテQの基本です。深夜時代こんなのばっかり」

この中で、深夜時代を知るメンバーは松嶋だけなんだな~。

Q:珍獣ハンターイモトワールドツアー in インド

最初に登場したのは、全身にトラの模様を描いた人達。
8時間かけてトラになり、落とすのに2日かかる。
そのためイモトは今回は断念した。

今回は インド達人列伝!

●驚異の肺活量を持つ男

チューブのタイヤを膨らませて割るという。
イモトも試しにやってみる。が、
イモト「クサっ!チューブ臭いねこれ。色んな戦いになるね」

そして男がやってみる。
息を吹き込んで、20分。
ちょっとずつ移動し、柱で押しつぶそうとする男。
ついに割れる。

●ヨガマスター

体が硬いイモトも挑戦してみる。
座って、前屈するが全然足に手が届かない。
マスターに無理矢理体を引っ張られる。
すると余裕で届くようになる。

続いて、『スートラ・ネティ(鼻ヨガ)』に挑戦する。
紐を鼻から入れて口から出すヨガ。
まずは、マスター。
マスター「オエ!………アガァ」
奥の方へ行き、加藤茶の酔っ払いばりに吐いてるマスター。
そして何食わぬ顔で戻って来る。
マスター「さあ挑戦してみよう」
マスターでも苦労する紐通し。
しかしイモトもやってみる。
いろんなものがいろんなところから出ちゃってるイモト。
ところが見事紐を通し切る。
イモト「相当達成感ある。超うれしい。こんなうれしいことあったかな?」
と、清々しい感じになってる様子。
マスター「これで体も柔らかくなるはずだ」
前屈するが、変わらず…。

●舌を自在に操る男

それは絵を舌で書く男。
イモト「なんで筆使わないんですか?」
男「それには深い意味があるんだ…」

と、ここで、小田和正の曲が流れ、
・肘で描いていた頃
・鼻で描いていた頃
・足で描いていた頃
・バイクに乗ってで描いていた頃
の写真が出る。
結局、舌で絵を描いた技法を誰もやっていなかったため。

●帰ってきた破壊王

以前、蛍光灯80本を走って首?で割っていた男。
今回は素手でヤシの実を割ってみる。
1分間で10個がこれまでの記録。

破壊王「わっかりました」
軽いノリの吹き替え。
スタートするが、全然急いだ様子もない。
破壊王「これダメっすよ」
途中でやめてしまう。
割った時、水が出てこないからダメだという破壊王。
新鮮なヤシの実をリクエストしたらしいが、用意されたのが古いのだった。
破壊王「これじゃ無理っすよ」
手が痛そうで、
イモト「痛いですか?」
破壊王「痛いっす」

ということで、断念…。
破壊王「オレ帰りま~す」

●壷女

無数の壷を頭に乗せいろんな妙技をする。
壷女に会いに行くが、なんと足を骨折していた。
普通に歩いてて足をグキっとやってしまったらしい。

●感覚をなくせる男

300℃以上の炭の上を裸足で歩くという。
歩いてみると、確実に熱がっている男。
イモト「もう一回行けって言われたら行けます?」
男「行けない」


Q:巨大こんにゃくでトランポリンはできるの? in ミャンマー

この前の巨大綿菓子の話を蒸し返され、
ボビー「その傷はまだ癒えてない」

やって来たのはミャンマー。
ムカゴコンニャクという今回の企画にピッタリの弾力のあるコンニャクイモを取りに行く。
今回使用するコンニャクイモの量は2t。
ミャンマーでは、コンニャクは食べないが、コンニャクイモは食べるという。
美味しいらしいが、ベロがヒリヒリするとのこと。
ボビー「じゃあ、食べちゃダメじゃん」

コンニャクはマンナンと水の分量により、硬さが変わる。
理想の硬さを求め、分量を変えながら作ってみる。
カンフーくん1号(ミャンマーの人気キャラクター)のフィギュアを落として、その弾力を確認する。

試作品1個目では、カンフーくん1号の跳ね方は物足りない。

続いてマンナンを多くした試作品2個目。
カンフーくん1号を落とすが、足が埋まってしまう。

そして試作品7作目、ついに理想の硬さを見つける。
カンフーくん1号が自分と同じ高さまで跳ねる。

そしていよいよ巨大コンニャクトランポリンを作る。

プロジェクト開始から3日目、ついに完成する。

早速挑戦してみるボビー親子。
悲しいかな、全然飛べず。

そこで、この企画のためにオリンピック代表現役バリバリの 廣田遥選手 が日本からやってきた。
そして巨大コンニャクトランポリンに挑戦してもらうことに。

しかし…
ジョイ「俺たちと同じくらいだよ…」
そして…
ジョイ「もう日本に帰ろうよ…」

露骨にがっかりする子供たち。
責任を感じるアスリート。
そこで、提案する廣田選手。
補助をかりてバック転をするという。
もはやトランポリンとしてやる内容じゃなくなっている。

結果、最大跳躍30cm。

最後は豚汁にして食す。
廣田「めっちゃ硬い…」
まさに踏んだり蹴ったりの巨大コンニャク…。

ボビー「というわけで、今回成功させていただきました」
宮川「結構お金かかってましたよ」
ボビー「だから失敗って言いたくないんだよ」
ボビー「うちの子たち泣きそうになってた」
ボビー「ホントまじで落ち込んでて…」
ボビー「だから表向きだけでもいいから成功にさせてくれ」
内村「見事成功です!」


ジョイ君が近鉄の帽子を被ってたのがウケた。

人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : ウッチャンナンチャン
ジャンル : お笑い

2010-09-12 : 世界の果てまでイッテQ! : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

投票アンケート!



人気商品


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

Monthly Archives

人気記事ランキング

プロフィール

どじどじお

Author:どじどじお
ウンナンのウンのファンです。
ブログ開始から3年超…適当に更新中です。一応ね。

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

リンク元

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。