ウッチャンナンチャンのウッチャンファンが、主にウッチャンが出演した番組の書き起こしや感想などを書います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

11月7日放送 「世界の果てまでイッテQ!」【イモトアメリカ】【ベッキーたこ焼き】【武井モンゴル】

メンバーの占い面白かったな。

武井とウッチャンのやり取りは和むわ。

以下、内容…

Q:珍獣ハンターイモトワールドツアー ~アメリカ横断ツアー~

前回の横断ツアーの続き。

西部劇の舞台で有名なツーソン州からスタート。

そしてなかやまきんにくんのネタ(アメリカ留学後)の曲に合わせてやってきたのは、テキサス州にある米軍基地。

ここで、時速500km出るというバスに乗る。

Q:家から1km、歩いて15分をこのバスで乗るとどのくらいかかるか?

久々のクイズ。

正解は12秒。

イモト顔ひどすぎ…。

続いて、荒くれ者の少女と出会う。

内村「サマンサ!犬じゃないんだから」

サマンサと呼ばれるその少女。
少女と戯れているのは、ワニ。

少女に負けてられないと、イモトもワニを捕まえる。

この勝負引き分け。

そして2代目珍獣ハンター サマンサの誕生となった。

続いて、
・モニュメントバレー
・グランドキャニオン
・ボルテックス
という絶景スポットへ訪れ、
最後は、ボルテックスのあるセドナ。
そこにはたくさんの占い師がいるという。
ということでイッテQメンバーを占ってもらうことに。
占ってもらうのは、名前からその人の本質がわかるという占い。

まずは、登場した写真が今と全然違う中島
占い師「彼女は正しいタイミングで正しい事を言う人です」
中島「それ具体的にどういうことか教えて欲しいなぁ」
ナレーション「具体的に言うと、あなたはツッコミですね」


続いて、松嶋
占い師「彼女はとてもかわいらしい人だけど、その裏にものすごい悪魔的な所があるわ」
イモト「やだなそれ」


続いて、ベッキー
占い師「彼女は仕事にもの凄い充実を感じるタイプね。ただしプライベートはものすごく寂しい子よ。男もできないわ」
イモト「多分いないと思います」


続いて、宮川
占い師「ビッグになりたい。ビッグになりたい。と思ってる野心家ね」
占い師「ビッグな事をしたいけど、精神的にはスモールだから苦労するタイプね」


続いて、森三中
占い師「何でこの3人がグループなのかわからないわ。彼女(大島)だけは全く馴染んでないわ」
イモト「えっ!分裂?」
占い師「彼女(大島)はコンピューター関係の仕事をしたら大成功するわ」
イモト「IT系?大島さん、IT?」


続いて、手越
占い師「潜在能力がものすごく高い子よ」
イモト「私のことをどう思ってますか?」
占い師「どうも思ってない」


最後は、ウッチャン
占い師「率直に言うわ。彼はあなたにゾッコンね」
イモト「ウソ!」
占い師「自分では認めたくないみたい」
イモト「まじで?言って下さいよ、内村さん」
イモト「次どんな感じで会ったらいいんだろう?」


スタジオに戻り、
ベッキー「内村さん。知らなかったですよ!」
イモト「ホントですよ~」
ベッキー「言って下さいよね~」
内村「気づかなかった?」
宮川「気づかなかったです」


どこか決意した表情で、
内村「俺はイモトにゾッコンだ!」

Q:日本の屋台 世界を行く in チュニジア

海外に日本の食べ物を売って大儲けすることがイッテQの夢だという。
ということでシリーズ化するこの企画。
今回挑戦する食べ物はたこ焼き。
挑戦する国はチュニジア。

Q:なぜ、チュニジアなのか?
手越「あの~、あれですか?」
手越「何人かが関西弁を話せる」


正解は、ソースの原料であるデーツがあるから。

まずは、デーツを採り、ソースを作る。

続いて、たこ焼きの材料を買う。

ムカつく動きで値引き交渉を行いながら、タコを購入。

そして屋台でたこ焼き作り。

6個入りで100円で販売する。

人は集まってくるが、誰も買わない。
ひとつも売れず1時間経過。

通訳に聞くと、高いかららしい。

50円にしても、
通訳「買わないと思います」

ということで、20円(原価)に。

すると人がやってきた。
最初の購入者は、100円時代から屋台の前で見ていたおじさん。
8割引で、即購入。

おじさん「うん、おいしいね。気に入ったよ」

大人も子供も「おいしい」と好評。

アンケート結果。
・ソースと上に乗っているヒラヒラ(鰹節)が美味い 11名
・とにかく熱すぎる 7名

売り上げ 20円× 63食=1260円
材料費  20円×100食=2000円
約740円の赤字。

アンケートでは、ほとんどの人が『また食べたい』だったけど、
『もう食べたくない』という人が一人いたのが気になった…。

Q:超田舎に泊まろう! ~炎の崖~

内村「どうですか?最近反響の方は」
武井「チヤホヤ街中で声を掛けていただくことが…」
武井「『もうやめて~』『そうなのぉ~』とかやってると、もう割愛でいいです、とか」
武井「凄まじい浸透率なんですよ」


今回はモンゴル ゴビ砂漠の炎の崖。

内村「希望何分?尺」
武井「13分で」
内村「思い切ったこと、言いやがって。10分にしちゃお
(顔プクー)
武井「そうなのぉ~」


VTRが始まると、武井の後ろはただの崖。
夕日が当たると赤くなるのだが、この日は光が十分届かず、見れなかった。

そして砂漠で夜を向かえ、この日は全員で野宿する。
17時間かかってやってきたその場所。
空港から1時間後、ずっと何もなかったというくらい人がいない。

ゴビ砂漠を彷徨うこと半日。

ようやく建物を発見するが、誰もいない。

さらに歩いていると、いくつかの家を発見。
ここで交渉し、見事成立する。

すぐに夜ってしまいこの日はすぐに就寝。

今回は新たな試みを行なう。
次の3つのうち、1つだけ映像が見れるという。

1.羊を捕まえてその肉を石で焼く
(武井が大感動した遊牧民のご馳走)

2.息子さんと見に行った炎の崖。リベンジ編
(見れたかどうかわからない)

3.武井が挑戦したモンゴル相撲


選ぶのは、宮川。
3は結果が見えてる。
2は見れたかどうかわからない。
ということで、1番を選択

VTRが始まる。
羊を捕まえる武井、なかなか捕まらず割愛。
調理シーンが流れ、食事シーン。
特にオチもなし。

宮川「1番でよかったのかなぁ」
後悔気味の宮川。

別れの朝。

武井「もうお別れなんて…あんまりだ」

遊牧民の方たちもこの場所からまた移動するため、再び会うことは難しい。
いつもの別れより、辛いかもしれない。

そして『若者たち』が流れる。

涙のわけの映像では、2番、3番の映像も登場。

炎の崖はちゃんと見れた様子。
3番のモンゴル相撲は、予想通り圧倒的な負け。

VTRが終わり、
内村「2番だったら、もうちょっと見れたのかな?」
宮川「武井ごめんな」
内村「相撲は見なくてもよかったね。だいたいわかってたよね」


人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : ウッチャンナンチャン
ジャンル : お笑い

2010-11-07 : 世界の果てまでイッテQ! : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

投票アンケート!



人気商品


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

Monthly Archives

人気記事ランキング

プロフィール

どじどじお

Author:どじどじお
ウンナンのウンのファンです。
ブログ開始から3年超…適当に更新中です。一応ね。

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

リンク元

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。